> > 東京都全域が経済特区に?ひげ先生による民泊ニュース
東京都 - Wikipedia

2015.11.16

東京都全域が経済特区に?ひげ先生による民泊ニュース

Airbnbと旅館業法に詳しい

image27

「ひげ先生」としておなじみの行政書士、冬木 洋二朗先生のブログに掲載されている、

Airbnb【エアビーアンドビー】特区政令の改正により東京都では全域が特区になりました

が話題となりました。詳しくは上記リンク先にてご確認いただきたいのですが、AirBnbなどの民泊が可能になる国家戦略特別区域法が東京都全域で適用されるという内容です。

8月末の政令改正により東京では全域が特区になりました。今までは東京の特区は、千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、江東区、品川区、大田区及び渋谷区の9区だったのが東京全域に拡大しました。

さらに、

千葉県は相変わらず成田市のみが特区、神奈川県と東京都は全域が特区という状態ですのでAirbnbを使って民泊事業をはじめようとする業者も今後確実に増えてくるでしょう。

とのことで、神奈川県も全域が特区になるようです。
ただ、ひげ先生の他の記事でも触れられていますが、経済特区内の旅館業法適用除外の条件を見ると、契約や宿泊日数、床面積の規定などでまだまだ現状通り運用できない感じですね。

徐々にですが、着実に動き始めてますね。

空き家スタディーズでは、ひげ先生のブログを追いかけて情報をキャッチしていきたいと思います!

この記事を書いた人
佐野 隼一朗 空き家キュレーター/建築士 37歳2児の父親。建築や店舗の設計をする傍ら、空き家問題について興味を持ち様々な活動をリサーチしている中で気づくと空き家キュレーターになってました。空き家問題をポジティブに変える活動を目指して日々リサーチ&ディベロップ。美味しいラーメンとステーキにも詳しい。 :Facebook :Twitter http://syunichiro.com
執筆した記事一覧