> > 北海道で空き家バンクサミット2015開催!
summit02

2015.11.17

北海道で空き家バンクサミット2015開催!

全国各地で行われている空き家活用の取り組みを共有し、より活性化させることを目的とした「空き家バンクサミット2015in北海道」が、2015年11月12日、13日の2日間に渡って開催されました。

全国の空き家再生事例を報告

12日のサミットでは、会場の北海道倶知安町の後志総合振興局に、全国13の県から約170人が集まりました。空き家再生の活動をしているNPO法人などが、20余りの活用事例を報告。空き家の把握と登録の重要性を認知してもらう良い機会となったようです。

続く、13日のサミットでは、参加者が冬のリゾート地・ニセコ地域で空き家がどのように活用されているかのを視察。同サミットは、北海道などが道内で初めて開催したもので、来年以降の継続の可否にも注目したいところですね。

全国で活発化している空き家再生への動き。「空き家を有効利用しよう」というプロジェクトの終着点は同じですが、その活用法や仕組みなどを知る機会は、非常に貴重です。中国地方でも今年「中国地方 空き家サミット」が開催されましたが、空き家バンクサミットとしては、今回が初めての開催だった模様。

”継続は力なり”今後もぜひ継続開催を!

今回のサミットの目的には、空き家バンクの知名度を上げて、利用者を増やすという面があります。テレビで空き家問題のニュースが流れたり、特集が組まれたりして、以前に比べると少しずつではありますが「空き家が増えているらしい。問題になっているらしい」という認識は、国民に芽生えているかと思います。

ですが、空き家バンクというものの存在を、どれだけの人が知っているでしょうか? また、そのうち利用方法を知っている人はどれだけいるでしょうか? 

情報化社会となった今、人々の利用する情報ツールも多岐に渡っています。そのような中で、大切な情報をより多くの人に伝える重要な要素は、「継続」かと思います。

このような意義のあるサミットは、ぜひ、今後も継続していってもらい、少しでも人々の関心を集められれば、と思います。

この記事を書いた人
relax-man 空き家LOVEなフリーライター 「空き家」って、コトバの響きからして何だか素敵じゃありませんか? あきや・アキヤ・AKIYA・秋谷…って、あれ? 何か違う?! そのような訳で、空き家問題にはコトバの響きから興味を持ったという、茨城在住のフリーライターrelax-manです。 主な執筆分野は、山(低山)と農業。 今後は、空き家問題を右斜め45度の視点で(?)書いていきます! :Facebook :Twitter http://relax0906.wix.com/farmers-story
執筆した記事一覧