> > 鳥取県八頭町放置家屋等の適正管理に関する条例
鳥取県庁舎

2015.12.16

鳥取県八頭町放置家屋等の適正管理に関する条例

○八頭町放置家屋等の適正管理に関する条例

(平成25年9月25日条例第36号)

(目的)

第1条 この条例は、放置家屋等の管理の適正化を図ることにより、倒壊等による事故、犯罪及び火災を防止し、町民の安全で健康な生活を確保することを目的とする。

(定義)

第2条 この条例において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。
(1) 放置家屋等 所有者等が居住又は使用していた家屋等で、居住されなくなってから一定の期間を経た建物のことをいう。
(2) 所有者等 建物等の所有者又は管理者をいう。
(3) 危険な状態 老朽化のために建物その他の土地の工作物が倒壊し、若しくは建築資材等を飛散させるおそれがあり、又は不特定の者が建物に進入して火災を発生させ、若しくは犯罪を起こす恐れがある状態のことをいう。

(所有者等の責務)

第3条 所有者等は、放置家屋等が危険な状態にならないよう常に適正に維持管理しなければならない。

(情報提供)

第4条 町民は、前条の適正な維持管理が行われていない放置家屋等があるときは、町にその情報を提供する。

(調査)

第5条 町長は、前条による情報提供があり、放置家屋等があると認めるときは、当該放置家屋等の実態調査を行うことができる。

(指導・勧告)

第6条 町長は、放置家屋等が危険な状態にあると認めたときは、所有者等に対し、危険な状態を解消するための措置を講じるよう指導又は勧告をすることができる。

(助成)

第7条 町長は、前条の指導又は勧告に従って措置を行う者に対し、別に定めるところにより助成を行うことができる。

(関係機関との連携)

第8条 町長は、必要があると認めたときは、第5条及び第6条までに規定する調査、助言、勧告等の内容を関係機関に提供し、危険な状態の解消について協力を要請することができる。
[第5条] [第6条]

(委任)

第9条 この条例の施行について必要な事項は、規則で定める。
附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成25年10月1日から施行する。

(この条例の失効)

2 この条例は、平成29年3月31日限り、その効力を失う。