> > 熊本県水俣市空き家等の適正管理に関する条例
熊本県庁舎

2015.12.16

熊本県水俣市空き家等の適正管理に関する条例

水俣 市 空き 家 等の 適正 管 理に 関 する 条例

(目 的)

第1 条 こ の 条例 は、 空 き家 等 の管 理の 適 正化 を 図る こと に より 、 倒壊等の 事 故、 犯 罪、 火災 等 を未 然 に防 止し 、 もっ て 安心 ・安 全 なまちづくり に 寄与 す るこ とを 目 的と す る。

(定 義)

第2 条 こ の 条例 にお い て、 次 の各 号に 掲 げる 用 語の 意義 は 、そ れ ぞれ当該 各 号に 定 める とこ ろ によ る 。
(1) 空き 家 等 市の 区 域内 に 所在 する 建 物そ の 他の 工作 物 で常 時 無人の 状 態に あ るも の及 び その 敷 地を いう 。
(2) 危険 な 状態 老 朽 化若 し くは 台風 等 の自 然 災害 によ り 、建 物 その他の 工 作物 が 倒壊 し、又 は当 該 建物 そ の他 の 工作 物 に用 いら れ た建 築資材 等 が飛 散 し、若 しく は 剥落 す るこ とに よ り、人 の生 命 若し く は身体又 は 財産 に 害を 及ぼ す おそ れ のあ る状 態 をい う 。
(3) 管理 不 全な 状態 不特 定 の者 に建 物 その 他 の工 作物 若 しく は その敷 地 に侵 入 され 、犯罪 、火災 等 を誘 発 する お それ の ある 状態 又 は動植物 、昆虫 等 が相 当 程度 に 繁殖 し 、周 囲 の生 活 環境 に 害を 及ぼ すおそれの あ る状 態 をい う。
(4) 所有者等 所有 者、占 有者、相 続人 、相 続 放棄 者、財産 管 理人 その他 の 空き 家 等を 管理 す べき 者 をい う。
(5) 市民 市内 に居 住 し、若し く は滞 在 し、又は 通 勤し 、若 し くは 通学す る 者を い う。

(民 事に よ る解 決 と の関 係 )

第3 条 こ の 条例 の規 定 は、 危 険な 状態 又 は管 理 不全 な状 態 (以 下 「危険な 状 態等 」 とい う。 ) にあ る 空き 家等 の 所有 者 等と 当該 空 き家 等 が危険 な 状態 等 にあ るこ と によ り 害を 被る お それ の ある 者と の 間で 、 民事に よ る事 態 の解 決を 図 るこ と を妨 げな い 。

(所 有者 等 の責 務 )

第4 条 所 有 者等 は、 所 有等 に 係る 空き 家 等が 危 険な 状態 等 にな ら ないよう に 自ら の 責任 にお い て当 該 空き 家等 を 管理 し なけ れば な らな い 。

(情 報提 供)

第5 条 市 民 は、 危険 な 状態 等 にあ る空 き 家等 が ある と認 め ると き は 、市長 に 対し 、 その 情報 を 提供 す るこ とが で きる 。

(実 態調 査)

第6 条 市 長 は、 前条 の 情報 提 供を 受け た とき 、 又は 必要 に 応じ 、 空き家等 の 実態 調 査を 行う こ とが で きる 。
2 市 長は 、 実態 調査 に おい て 必要 と認 め ると き は、 市が 他 の目 的 のため に 保 有 す る 情 報 を 調 査 に 必 要 な 限 り に お い て 使 用 す る こ と が で き る 。

(立 入調 査)

第7 条 市 長 は、 前条 第 1 項 に 規定 する 実 態調 査 によ り必 要 と認 め るときは 、 この 条 例の 施行 に 必要 な 限度 にお い て、 職 員に 空き 家 等に立ち入ら せ 、必 要 な調 査を さ せる こ とが でき る 。
2 前 項の 規 定に より 立 入調 査 をす る職 員 は 、そ の 身分 証明 書 を携 帯 し、関係 人 の請 求 があ った と きは 、 これ を提 示 しな け れば なら な い。
3 第 1項 の 規定 によ る 立入 調 査は 、こ れ を犯 罪 捜査 のた め に認 め られたも の と解 釈 して はな ら ない 。

(助 言又 は 指導 )

第8 条 市 長 は、 前2 条 の調 査 によ り空 き 家等 が 危険 な状 態 等に あ り、又は 危 険な 状 態等 にな る おそ れ があ ると 認 める と きは 、当 該 空き 家 等の所 有 者等 に 対し 、 空 き 家等 を 適正 に維 持 管理 す るよ う 助 言 又は 指 導する こ とが で きる 。

(勧 告)

第9 条 市 長 は、 危険 な 状態 に ある 空き 家 等の 所 有者 等に 対 し、 前 条 の助言 又 は指 導 を行 った に もか か わら ず、 当 該空 き 家等 が 危 険 な状 態 にあり 、 かつ 、 当該 危険 な 状態 が 相当 程度 で ある と 認め ると き は、 当 該空き 家 等の 所 有者 等に 対 し、 期 限を 定め て 必要 な 措置 を講 ず るよ う 勧告す る こと が でき る。

(命 令)

第1 0 条 市 長は 、危 険 な状 態 にあ る空 き 家等 の 所有 者等 が 前条 の 勧告に従 わ ず 、かつ 、当 該空 き 家等 の 危険 な状 態 が著 し いと 認め る とき は 、期限 を 定め て 必要 な措 置 を講 ず るよ う命 ず るこ と がで きる 。

(公 表)

第1 1 条 市 長は 、空 き 家等 の 所有 者等 が 前条 の 命令 に 正 当 な理 由 なく従わ な いと き は、 次に 掲 げる 事 項を 公 表 す るこ と がで きる 。
(1) 所有 者 等の 氏名 及 び住 所 (法 人 の場 合 にあ っ ては 、そ の 名称 、 代表者 及 び主 た る事 務所 の 所在 地 )
(2) 空き 家 等の 所在 地
(3) 命令 の 内容 及び 命 令違 反 の事 実
(4) 前3 号 に掲 げる も のの ほ か、 市長 が 必要 と 認め る事 項
2 市長は、前項の規定により公表をするときは、事前に当該公表に係る所有者等に弁明の機会を与えなければならない。

(関係 機 関と の 連 携 )

第1 2 条 市 長は 、緊急 を 要す る 場合 は 、本 市 の 区域 を 管 轄す る 警察 署 、消防 署 その 他 の関 係機 関 に必 要 な協 力を 要 請す る こと がで き る。

(委 任)

第1 3 条 こ の条 例の 施 行に 関 し必 要な 事 項は 、 市長 が別 に 定め る 。
附 則
この 条 例は 、 平成 25 年 7 月 1 日か ら施 行 する 。