> > 空き店舗をリノベーションして、若手陶芸家のためのギャラリー&アトリエ&シェアハウスを【静岡県熱海市】
リノベーション前の吉野屋商会。

2015.12.27

空き店舗をリノベーションして、若手陶芸家のためのギャラリー&アトリエ&シェアハウスを【静岡県熱海市】

11人の家族が暮らし、割り箸屋として営業をしていた静岡県熱海市の吉野屋商会。建物のオーナーである茶田さんの家族の他にも、大勢の人が集まる家でした。それが2013年、ご両親が亡くなり、家族も吉野屋商会から姿を消すことになります。ここにまた、ひとつの「空き家」が生まれてしまったわけです。

 若手陶芸家を全力で応援。 ギャラリー併設のシェアハウス アーティストレジデンス/CHAUSE 


若手陶芸家を全力で応援。
ギャラリー併設のシェアハウス
アーティストレジデンス/CHAUSE 

アーティストレジデンス・CHAUSE

ですが、リノベーションスクールの案件としてこの吉野屋商会が指定され、再び日の目を見るチャンスが訪れました。リノベーションされた吉野屋商会の新しい姿は…陶芸家のギャラリーを併設したシェアハウス! こちらは若手陶芸家のための住宅とイベントスペースを備えた建物(母屋)と、アトリエ(倉庫)の二つで構成された、「住むだけじゃない、つくって売れる、手仕事のための家」です。その名も、CHAUSE。 

CHAUSE は、「大切を紡ぐ家」をコンセプトに、作家の顔が見えるうつわを使うことで、モノを大切にしてもらう心を養ってもらったり、うつわに合わせて新しい料理にチャレンジしてもらったり…そんな場所を目指しています。吉野屋商会は、若い陶芸家の活動拠点として、生まれ変わったのです。

知ってもらい、販売する機会も提供

ですが、ただの「つくって住む場所」ではありません。イベントやワークショップを開催して、一般の人に「知ってもらい」「売る」機会も作っています。ここがCHAUSEのすごいところ。作る場所、住む家だけではなく、売る機会と告知の機会もCHAUSEで行えるんです! まさに、若手陶芸家にとって至れり尽くせりの居住空間&仕事場です。

陶芸や絵画の芸術は、なくなって欲しくないものですよね。でも、その存続は結局のところ、「購入」という一般的なビジネスで成り立っています。CHAUSE のように、始まりから終わりまで陶芸家をサポートしてくれるのは、新しく陶芸をやろう! という人にとっても支えになるもの。次世代の陶芸家を生み出すきっかけづくりにもつながりますね。

空き家や空き店舗の対策として、こうした芸術家をサポートする場としてリノベーションしていくことは、芸術を楽しむ人にとってもプラスになります。WinーWinーWinの関係ですね。

この記事を書いた人
relax-man 空き家LOVEなフリーライター 「空き家」って、コトバの響きからして何だか素敵じゃありませんか? あきや・アキヤ・AKIYA・秋谷…って、あれ? 何か違う?! そのような訳で、空き家問題にはコトバの響きから興味を持ったという、茨城在住のフリーライターrelax-manです。 主な執筆分野は、山(低山)と農業。 今後は、空き家問題を右斜め45度の視点で(?)書いていきます! :Facebook :Twitter http://relax0906.wix.com/farmers-story
執筆した記事一覧