> > シャッター街をまるごとリノベーション【栃木県宇都宮市・もみじ通り】
ビルススタジオvol.1:空き家と妄想。

2016.02.29

シャッター街をまるごとリノベーション【栃木県宇都宮市・もみじ通り】

餃子で有名な栃木県宇都宮市。この地方都市に、もみじ通りという商店街があります。もみじ通りは、駅前の繁華街から少々離れた場所にあり、商業地とも住宅街ともいえないようなエリア。ほんの数年前まではシャッター街でしたが、今では素敵なカフェや雑貨屋さんが建ち並ぶオシャレな街に変わっています。

地方の商店街がシャッター街に、そのシャッター街をオシャレな街へ。もみじ通りの歴史に、新たなページを綴った「街の編集者」が、建築設計事務所「ビルススタジオ」を営む塩田大成さんです(出展はコロカルさん)。

2010年のもみじ通り

2010年のもみじ通り

シャッター街化したもみじ通り

物語の始まりは、2006年。海外の美術大学院から故郷の宇都宮市に帰ってきた塩田さんは、自宅で建設事務所を開業します。業務が増えて自宅では手狭になり、事務所移転を考えていた時に、塩田さんともみじ通りは出会いました。

もみじ通りは2007年に商店会が解散。商店街としてお先真っ暗なシャッター街と化していました。通りにある建物は中途半端な古さで、古民家みたいな古くて風情があってかっこいい感じはまるでありません。駅からも徒歩だと遠い距離にあり、駐車場を作れるほどの土地もなく、交通量もほとんどありません。つまりは、物件の利用価値がない場所なんですね。

だからこそ、価格は安い。値下げ交渉もすんなりと受け入れてくれて、塩田さんが見つけた物件も大変安価で借りることができました。しかも、改装が自由にできて、現状復旧の義務もなし。「ありのまま」に使おうとすると面倒が多い物件でも、「自分で作り変える楽しさ」を知っている、持っている人にはうってつけの物件なんです。

人通りや車通りの少なさも、考えようによっては、静かで仕事に集中できる環境といえます。建物の中途半端な古さも、気兼ねなく改装できるという自由度の高さにつながります。元商店街であったことで、多少は外部の人を受け入れる土壌もあるかも……といった具合に、塩田さんはもみじ通りの物件のマイナス面を、すべてプラスに変換してしまいます。

2013年のもみじ通り

2013年のもみじ通り

塩田さんの「欲しい」が店を呼び、街を作る

そうして、夢にまで見たマイ・オフィスを手にした塩田さん。ですが、やはりいろいろと欲望が出てきてしまいます。近くにカフェがあったらいいのに、お惣菜屋さんがあれば仕事帰りに買って帰れるのに……などなど。余計なものは要らないけれど、自分が欲しいものは近くにあった方がいい。その少々わがままな欲望が、この街を変える原点でした。

その「欲しい!」という気持ちを知り合いに話すと、宇都宮にカフェを出そうとしていた方に知り合います。試しに誘ってみるとすんなり移転を承諾。もみじ通りにカフェが出来上がります。そんなこんなが続き、もみじ通りにお店が増え始めると、メディアがこぞって取り上げ始めます。メディアの影響力もあってさらにお店は増えて、シャッター街はオシャレな街に変身したのです。

今、もみじ通りにはたくさんの素敵なお店が軒を連ねています。カフェ食堂、ドーナツ専門店、惣菜屋、シェアハウス、バー、子供服屋、楽器店、雑貨店、ギャラリー……。もはや、立派な街が形成されていますね。ちなみに塩田さんが運営する「MET不動産部http://www.met.cm/」では、このもみじ通りの空き物件を紹介しています。良かったらこちらも覗いてみてください。

自分で街を作り上げる魅力が、地方にはある

『自分の近所が楽しければ、こんなに素敵なことはない』
この塩田さんの思いが、街の歴史を塗り替えました。もみじ通りの例は、地方の空き家、空き店舗の対策として、最高レベルの好事例といえるでしょう。この事例は、地方都市というエリアだから、やりやすかった部分もあると思います。ある意味、見放された場所だからこそ、自分たち好みに作り変えることが許されます。地方の魅力も再発見できる好事例でした。

価値のなくなったものに、新しい価値を与えて作り直す。リノベーションの動きは、今後ますます世に広がり、街だけでなく国自体を変えていくかもしれません。

この記事を書いた人
relax-man 空き家LOVEなフリーライター 「空き家」って、コトバの響きからして何だか素敵じゃありませんか? あきや・アキヤ・AKIYA・秋谷…って、あれ? 何か違う?! そのような訳で、空き家問題にはコトバの響きから興味を持ったという、茨城在住のフリーライターrelax-manです。 主な執筆分野は、山(低山)と農業。 今後は、空き家問題を右斜め45度の視点で(?)書いていきます! :Facebook :Twitter http://relax0906.wix.com/farmers-story
執筆した記事一覧