> > 築100年の古民家(元和菓子屋)を、デイサービスにリノベーション【岩手県八幡平市】
なつかしの家の外観

2016.06.15

築100年の古民家(元和菓子屋)を、デイサービスにリノベーション【岩手県八幡平市】

先日、近所の空き家が解体されました。パッと見ではまだまだ住めそうな感じだったのですが、震災の影響で大きなダメージを受けていたとのこと。震災の影響は空き家の増加にもつながっているんですね。その解体によって見慣れた近所の風景に、ポカンと穴がひとつ空いてしまいました。

一言で「空き家」といっても、人が住まなくなった(住めなくなった)理由は、いろんなものがあるかと思います。先に挙げたように震災であったり、借りる人がいなかったり、持ち主が亡くなって以降そのままであったり。

空き家の状態も、そのままの状態で住める家、改修すれば住める家、もはや倒壊寸前の家と家によって様々です。中には、歴史的な価値の高い空き家もあります。いわゆる古民家と呼ばれるものです。

古民家の危機

日本投資信託銀行によると、1950年以前に建てられた木造住宅を「古民家」と定義しているようです。古民家は日本的な街並みを作り出す存在で、古民家が建ち並ぶ農村などは、日本の原風景と呼ぶに相応しい美しい街並みを形成しています。

ですが、その古民家にも空き家の魔手が伸びています。2013年時点で、古民家の空き家軒数は約21万軒。歴史的な建築物が多い京都市でも、京町家の空き家率は平成15年で6.1%。それが平成20・21年になると9.1%になっており、増加傾向にあることがわかります。

「古民家カフェ」などのように、リノベーションして現代風に蘇るケースもありますが、すべてがそのように再利用されている訳ではありません。古い建築物なので、使い手がいなければ「取り壊し」の危機に即直面します。

・古い建築物なので改修費がかさむ
・古い建築物を改修する技術を持った職人の減少
・山間部などに多いので、交通の便が悪い

このような理由から、古民家がいかに魅力的といえども、リノベするには少々ハードルが高いようです。

デイサービス・なつかしの家
古民家をデイサービスとして利用

古民家をデイサービスとして利用

という訳で、今回は空き家になった古民家のリノベーション事例をご紹介します。場所は、岩手県八幡平市。特定非営利活動法人「里・つむぎ八幡平」により、古民家がデイサービス「なつかしの家」として生まれ変わりました。

もとになった古民家は、築100年以上の空き家です。以前は和菓子店だったというその家は、太い梁や柱があって、「なつかしさ」が充満しています。この「なつかしさ」をそのままに、デイサービスとしてリノベーションし、高齢者の方々に利用して頂こうというもの。高齢者が昔住んでいた家を思い出す、なつかしい空間になっています。

昭和的なタンス

昭和的なタンス

部屋には古ダンス、民芸品などが置かれていて、昭和のにおいがプンプンします。天井は吹き抜けで開放的。障子に畳といった純和風のアイテムはもちろん押さえていて、高齢者ならずとも、昭和好きな人には堪らない家具があちこちに置かれています。縁側からは日本庭園が見え、中だけではなく外にもそのエッセンスは行き届いています。

天井は吹き抜け

天井は吹き抜け

こちらの「なつかしの家」は2013年6月に開所。里・つむぎ八幡平では、他にも「宅老所里・つむぎ(デイサービス・短期長期宿泊)」「のほほん(互助ハウス)」「白山の里(共生型グループホーム)」を運営。福祉を核として地域社会へ貢献しています。

古民家を次世代へつなごう

家は時代を反映する鏡だと思います。その時代の「暮らし」が、家づくりにも映し出されるので、歴史を物語る重要な資料にもなります。古民家=古い民家は、先に挙げた定義によると、戦後直後以前に建てられた建築物ということ。昭和・大正・明治といった、激動の時代の暮らしぶりが、古民家のどこかに表れているはずです。

それをそっくりそのまま、その時代に住んでいた人々にまた利用してもらうというのは、理にかなったサービスですよね。貴重な古民家を、少しでも次世代に残していくために、私たちができること。古民家の空き家対策を考え、実行に移していくのが、今を生きる私たちの使命だと思います。

この記事を書いた人
relax-man 空き家LOVEなフリーライター 「空き家」って、コトバの響きからして何だか素敵じゃありませんか? あきや・アキヤ・AKIYA・秋谷…って、あれ? 何か違う?! そのような訳で、空き家問題にはコトバの響きから興味を持ったという、茨城在住のフリーライターrelax-manです。 主な執筆分野は、山(低山)と農業。 今後は、空き家問題を右斜め45度の視点で(?)書いていきます! :Facebook :Twitter http://relax0906.wix.com/farmers-story
執筆した記事一覧